星のサロン / アストロ★コンシャス

占星術の勉強会「星のサロン/アストロ★コンシャス」の告知・報告用ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日(2月19日)、旧正月(新月)。

本日(2月19日)は、旧正月です。(日本時間8:47AMの新月)
先日ブログにも記載しましたが、なんとなく個人的には、占星術的にも節目となる「立春」が私の身体には「節目」としてマッチしているのですが、古い暦はやはり意味のあるもの。
古(いにしえ)の祖先の人々の息吹を感じる余裕を持つためにも、やはり留意したいタイミングです。
さて、旧暦というのは、もともと中国で使用されていた太陰太陽暦が日本へ持ち込まれたもののようですが、この太陰太陽暦では「旧正月は冬至から二番目の新月」となっています。よって、月の位相により毎年旧正月の日は変わるのですね。
そして昨年の冬至は新月直前で起きたために、そこから二度目の新月は約2ヵ月後となりました。立春をすぎての新月です。

本日のメルマガで、私も敬愛します占星術研究家のマドモアゼル愛氏も触れられていますが、本日・旧正月の新月は、水瓶座での2度目の新月です。
前回の新月が、1月20日水瓶座0度の新月で、本日は水瓶座29.99度という水瓶座最後の最後の瞬間に起きています。なんだか、天の不思議なエンターテイメントのような計らいを感じます。

2008年に、世の中に最も大きな影響を及ぼす冥王星が山羊座に入ってから、人類は今まで長い期間“システム”として行ってきたことを根底から洗いざらいひっくり返していくような時代に入ったと、本当に感じます。そして、その強固だけどももう古くなってしまったシステムを見て、どこかで皆、新しい水瓶座の時代の幕開けに意識がさらに加速して向っているようにも思えます。

占星術やスピリチュアル界で言われる、いわゆる「水瓶座時代」というのは、天の春分点が水瓶座に移ることなので、それはそれは壮大なパラダイムのシフトなのですが、それとは別のスケールで、冥王星が山羊座にいる今、次の水瓶座に冥王星が入る約10年後に意識が向いつつ、やはり「水瓶座」というテーマがことさらクローズアップされて見えます。

「立春」は太陽が水瓶座15度に来る瞬間ですが、固定宮(牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座)の15度というのは神秘学で「エナジーポイント」と言われるようです。暦ではそれぞれの季節の「始まり」ですが、占星術・神秘学では、「エネルギーが満ちる(そして転換する)ポイント」ということなのでしょう。「陰極まって陽となる」転換のポイント、その転換する直前のエネルギーが蓄積・凝縮している状態」とでも言うような?

この立春の前後の新月で2回(0度と29度で)、水瓶座で新月が起きるということは、個人的には、まさに天の計らいによる「水瓶座的テーマのダメ押し」なのでは?と思えるような。各サイン(星座)の度数は、最初の0度で「無自覚に強制的にそのテーマに飛び込ませられる」。そして30度の旅を終え、最後の29度で「そのテーマのまとめあげ」をするわけで、1月20日からいやおうなしに始まった水瓶座のテーマの28日間を終えて、その総まとめのテーマをいただいたのか、この新月(=旧正月)なのでしょう。
日本時間2月19日8:47AMの新月。2分後には月は魚座に入るというギリギリのタイミングでした。

さて、そうしたおもしろい計らいを元に、前回と今回、2度の水瓶座新月のチャートを見てみました。Asc-Desライン(地平線)とMC-IC軸(子午線)が、ちょうど180度反対のサインになっています。
(以下は、東京でのチャートのため、ハウスによる解釈は日本での状況に対してのもの)

●2015年1月20日の新月(水瓶座0度)
2015年1月20日 新月

新月は、第4ハウス後半に位置し、第3ハウスカスプ手前の土星とセキスタイルで調和。チャートルーラーの金星を含み第5ハウスに天体が多く、強力な冥王星は第4ハウスに。
家庭や身近なところから個人的な楽しみごとに焦点が当たりそうな時期でした(国家においては、国土や投機的なこと、子供に関することなど)


●2015年2月19日の新月(水瓶座29度)
2015年2月19日 新月

新月は第11ハウスの後半にあり、海王星との合と、第8ハウスの土星とのスクエアに向っています。第11~12ハウスに6個もの天体が集中して入っていますが、第10~12ハウスというホロスコープのサイクル最後の4区分に10天体中8天体も入っています。これはもう、今までのひとつの「流れの結果」を超えて、次の「流れの準備に入った」ような配置です。
MCにぴったりとくっついた冥王星が非常に強力に感じますが、国のレベルでは「政府、内閣」などを示す第10ハウスが、「再生・消滅・復活・宿命」という象意を持つ冥王星の影響を受けるのでしょう。
それにしても、他のほとんどの星(国家元首、一般市民、女性、子供、軍隊、改革者、霊的な存在を表す星)が、第11~12ハウスに入り、現状を超えた新しいシステムの世界に意識が向いていると見えます。「(ひとつの時代の)終わりの始まり」とでも言うような、「まとめに入り、次の準備の段階」を示唆するような、新月(旧正月)図に見えます。
新月(月と太陽の合)だけについて言えば、第11ハウス(国レベルでは「議会」や「友好国」)において海王星という「夢と理想」に向って近づいている一方、財政や海外経済を表す第8ハウスにいる土星(義務やブレーキをかけるもの)からのプレッシャーがかかりつつある、ということでしょうか。このプレッシャー(軋轢)を超えて、いかに未来の理想・海王星に近づいていくか、というのがこの時期のテーマのように感じます。

個人レベルで、この新月からの28日サイクルを過すなら、やはり、「属する集団やしきたりのしがらみ・義務をいかに乗り切り課題をクリアし、真に目指す自由で未来への希望に満ちた価値観に向って歩みを進めるか」ということでしょうか。

しばらく天に滞在する不調和なアスペクト「土星と海王星のスクエア」と「天王星と冥王星のスクエア」。後者はこの時期、天頂(第10ハウス)の冥王星(権力)と第12ハウスの天王星という位置にあります。とにかく、社会的に最も力のある場所からの権力が一時的に強力に働くように見え、新しい改革・革命へ導く個人主義的な自由な力は、一見目に触れない場所に隠れ、あるいは精神的な方面へ向かっているかのようです。

次の新月、3月20日へ向けて、「内省と計画練り」そのための「コミュニティ作り」と「魂磨き」の時期が示唆されているようです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://astroconscious.blog52.fc2.com/tb.php/55-2daf96ba

 | HOME | 

ご案内

Astro★Conscious

星のサロン(占星術講座)開催準備中。単発での講座は随時開催中。お問い合わせください。

お問合せ(mail)

Calendar

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


お薦め本・教材


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。