星のサロン / アストロ★コンシャス

占星術の勉強会「星のサロン/アストロ★コンシャス」の告知・報告用ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、節分。明日は立春。

<2015.2.4 立春>
本日、節分。明日は立春です。昨年末、冬至過ぎの土星の射手座入りについて書いてから、あっと言う間!
それはそうと、アストロ・コンシャスの記事でも毎年なぜか、カレンダー通りの「お正月」記事を書かないのですが、どうも毎年私の場合、お正月の時期は節目としてすごく中途半端です。だいたい手をつけた仕事で一杯一杯で、なんでこんな時期に休暇に?と思います...。実際、占星術的にはカレンダー(グレゴリオ暦)でのお正月というのは何の節目でもないのですから、当たり前ですね。そして2月になり、立春を迎える頃にやっと、何か切り替わる感触を得ています。
実は、日本の暦での立春は、その名の通り「春が立つ」のであって、春の気配(エネルギー、まだ形に表れていないもの)がここから始まる、ということで、気温はまだ低いし、どこが春なの?と体は感じるかもしれませんが、数値にならない部分で感じる体感・第六巻としてはやはり、新しい気配を感じていませんか?
今日はまだ、節分。四季の節目の最後の大晦日のようですね。子供たちにとっては、鬼に豆を投げつけるという楽しい行事ですが、大人にとっても、何か古いものを一掃して新しいエネルギーを招き入れる準備の日なのでしょう。

さて、本題の立春のチャートです。今年の立春は、2月4日12時58分(日本時間)。
東京での空の星の状態を表した図です。


2015年立春図


四季それぞれの節目で天の惑星の配置から世の中を見るマンデーン占星術。私はそれを見る経験値はあまりないのですが、対象が社会や国だろうと、個人だろうと、占星術の基本ロジックと象意は同じでしょう。
ざっと眺めてみて、(マンデーンの専門ではないので)ごくシンプルに気になる点といえば、、、

1)数年前からずっと厳しかった冥王星と天王星のスクエア(90度)が、立春図でもタイトにアスペクトしていますが、それぞれの天体が、本来のハウスに入っていることです(冥王星は第8ハウス、天王星は第11ハウス)。それぞれに天体とハウスの象意がより色濃く出てくるのでは?と想像されました。冥王星は何しろ最も影響力の強い惑星ですから、その状態の影響は強いわけですが、第8ハウスは、個人のチャートでは「生と死、SEX(生を生む)、受け継ぐ財産、遺伝」などと言われます。マンデーンではこれが国家対象となり、「死亡率、外国との借款関係(貿易などでの)、株価」などと言われます。個人においても、大きく他人に依存し他人を巻き込んだ形での個人のあり方ですが、国家もまた同じ(このチャートは東京での緯度経度によるもので、日本の場合です)。日本の対海外での財政面と、死亡率については、大きな課題のある時期のようです。
というのも、この冥王星と衝突する関係で、第11ハウスに天王星が入っており、天王星は「改革・革命・(急激な)変化・新発見・独立」の象意を持ちますが、第11ハウスはマンデーンでは「政党や議会」とされています。個人にとっては第11ハウスは、「社会的立場やしがらみにとらわれない、本当に自由な個人の志向によって集う仲間」という意味ですが、国家にとって本来こうしたあり方こそが、「政党や議会」のはずなのですね。今現在、そうなっているのかどうか・・・そうした本来のあり方に「改革」していこうとする力のように、この天王星は見えます。

2)昨年の冬至は、「朔旦冬至(さくたんとうじ)」といって、冬至と新月が重なるということで話題になっていましたが、そこからまだ日も浅く、立春の節目もまた、太陽と月がアスペクトしています。
月は木星とタイトに合で、太陽と180度の位置に。
マンデーンでは、太陽は「権力者、国家元首」、月は「国民、民衆一般、民意」と言われます。さらに木星は「宗教・哲学・思想・法律」などと言われます。まさに、国家元首と国民が向かい合った位置にあり、その情景が浮かびそうな配置です。太陽の入る第9ハウスは「宗教、思想、司法、貿易」を表し、こうした場所にいる(活動の主軸となる)元首の立場、一方国民のほうは、第3ハウス「情報、通信、貿易」の場所にいる。第9ハウスと第3ハウスはセットで、どちらも知性に関わるのですが、第9ハウスがその「理念」を担当し、第3ハウスはより具体的な手法や情報、学習を担っています。国民はあらゆる情報ツールをいまや手にしているので、木星と言う拡大(シェア)する星とともにあって、さらに元首の「理念」に対して興味を抱き学習を進めるのでしょうか?木星は「法律」の意味もあるので、司法的にも興味を持っていくのでしょうか?

3)この上の2つの目立つアスペクトをつなぐのが、第11ハウスの天王星です。真っ向から対峙した太陽と月を中和する位置にあり、理念(第9ハウス)と情報(第3ハウス)の間で、新しい未来図を描く役割になるのでしょうか?それは天王星が表す具体的人物だったり、あるいは、新しい発明・技術・理念、でもあるかもしれませんね。

4)気になる国土(第4ハウス)ですが、惑星も入室しておらず、ルーラーの水性もハードなアスペクトがなく、とりあえずは危機的な状況は立春図では示唆されていないように見えます。

5)一国民として気になる、私達国民(主権者=第1ハウス)自身の状態ですが、双子座のルーラーは第9ハウスの入り口に居ます。太陽と同じハウスです。やはり今、日本の権力部も、そして国民たちも、第9ハウスの表す「思想(理念)、法(憲法)」にある、というのが印象的でした。

と、立春図を見てきましたが、実は占星術で1年間を占うのは、通常、春分図です。そして補足的に1年間を各季節の詳細として夏至、春分、冬至も見るようです。ですので、この立春図が2015年1年間を表す、というのではないのですが、和暦(旧暦)の感覚にマッチしてきている私は、どうしても立春になると立春図を見てしまいます。
季節、二十四節季は、ひとつの流れの中でつながっているものですから、春分にいたるその息吹が、ここにあるのでしょうか?「1年の節目」ということで立春を意識したことから、立春図を見てみました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://astroconscious.blog52.fc2.com/tb.php/54-da7047ea

 | HOME | 

ご案内

Astro★Conscious

星のサロン(占星術講座)開催準備中。単発での講座は随時開催中。お問い合わせください。

お問合せ(mail)

Calendar

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


お薦め本・教材


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。