FC2ブログ
星のサロン / アストロ★コンシャス

占星術の勉強会「星のサロン/アストロ★コンシャス」の告知・報告用ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[T冥王星とT天王星のスクエア] 激動の期間が、もうすぐ終わり。

2012年6月後半から2015年3月半ばまで、約3年弱もの間、おそらく天の星の配置の中で「もっとも厳しい(ドラスティック)」であろう冥王星と天王星のスクエアが形成されています。これはピークの時期なので、その前後しばらくも、そのエネルギーの中にあります。

Pluto_Uranus_square_transittime.gif


いわゆる「世の中のシクミが大きく変わる」とき。これまでの常識や構造がいろんな衝突に合いながら、その本質が暴露され、”新しい波”に突き上げられ、穏やかでない殺伐とした時代を通り越すのでしょう。日本、そして世界の動きを見ていれば、その通りの流れが見て取れます。

その期間も、残すところあと3ヶ月強(その後もしばらくはこの影響の余波はあるでしょう)。その後は徐々に、この今の課題の時期は過ぎていくのです。逆にいえば、「世の中を根本的に構造改革し、新しい未来へ進もう。新しい未来を築こう」とする時期は、今しかないのです!2015年後半からは、また違った流れになるのではと思えます。
冥王星と天王星の衝突なのですから、どこを見てもいろんな問題が噴出で、心穏やかにはなれません。「厳しい期間がもうすぐ終わる」と思うかもしれませんが、そもそも星の(人への)メッセージというのは、「課題」だと私は思うのです。運命論ではありませんから、「良いときも悪いときもある」ではないのです。冥王星という「闇の王・権力」に対し、天王星の「改革・前進・未来主義」が物申すことをきちんと行わなければ、この時期の課題は終わりません。終わらないうちに次の時代に進んだら、どうなるのでしょうか??
これは、個人のチャート(運勢)でも同じです。仕事や人生の節目での「課題」に正面から取り組まず、逃げの姿勢でただ時間をやりすごすなら、これまでと同じやり方でやり過ごすなら、その後の人生は明るいでしょうか?「やるべきときにやるべきことをやる」それが、星の運行の表すメッセージだと思うのです。

さて、冥王星が「この世で最も力を持つモノ(闇の力でさえある)、権力」であり、それは一言でいえば「力」です。「善悪」という倫理を超えた、あまりにシンプルな「力」です。その力の前には、何者も太刀打ちでいない。実は、そういうモノ(力)を”志向すること”(それが”価値判断であること”)こそが、冥王星だと思うのです。ですから、他のどんな星やエネルギーがそれに立ち向かっても結局は無駄、というわけではありません。
一方、天王星は、あの神話のプロメテウス。人類に火をもたらした神です。たとえば、人類にまだ扱える準備のできていないもの(=火)さえ与えてしまった倫理観のない神(ネガティブな意味で)ととらえられることもありますが、ここではそのポジティブな意味として、私は「前進と改良の”意志”」ととらえます。この”意志”というのが、他のどんな天体よりも、真の個人主義の意味で強いのが天王星。だからこそ天王星は、「個人主義」の星であるのです。
冥王星が「力志向」であるが故に、当然、個人よりも(権力を維持するための)”組織”の傾向を出すのに対し、天王星はあくまでも、”個人”です。「たったひとりの権利」に敏感なのが、天王星でしょう。ですから、とても粗く言えば、天王星が「力の倫理」であるのに対し、天王星は「倫理の力」だと、言えるかもしれません。そういう意味で天王星は「ヒューマニスティック」だと解釈されることもあるでしょう(なにしろ人類のためを思い、人類のために神にも逆らい人類に文明を与えたのですから..)。神話をそう解釈するなら、天王星は、「人類を猿(=奴隷)ではなく、権利と尊厳のある一存在、そして個人」にした力だとも、思えるのです。

さて、翻って、今、世の中に起きていることは、どうでしょうか?この、冥王星と天王星が象徴する事柄(それらの間の衝突)が、世界中で見えないでしょうか?もちろん、星がそういう配置なのですから、衝突が起きてあたりまえです。衝突を起こしてでも、人々は、この「一個人、人間としてのあり方」に気づくべきときだったのです。ですが、冥王星という、この世で最も力を持つ存在に挑むことでそれは明白になってくるので、容易な過程ではないでしょう。あちこちでひどい状況や、個人のストレスや、社会や組織全体としてのドラスティックで悲惨な状況も噴出してくるでしょう。そこまで挑むことで、天王星はより本質的に、自らの権利を主張しているような配置なのです。とにかく、「生半可ではない、”最も本質的な部分で”改革しよう」そして、「自分自身になろう」としている時期なのです。

この時期が終わるということは、当然、その課題を「十分に行った」人々や組織、社会、国にとっては、安堵のやってくる時期です。やっと平穏に戻れる・・・。痛みを経験して、やっと本当に新しい未来が築ける時期がくるかもしれません。なにしろ「変革」の時期なのですから。
しかし、この時期に、それをとことんまでやらなかった個人、組織、社会、国は、この”チャンスの時期”が終わったら、どうなるのでしょう?次のチャンスの時期がくるのは、星の運行速度からいって、相当先です。その次のチャンスのときまで、改革に失敗して、ポシャって今のまま行くのでしょうか?しかし世界ではすでに、どんどん改革は進んでいるはず。改革しなかったまま、進んでいけるのでしょうか?

大変な時期が終わるということは、課題も”終えなければならない”ということです。8月31日が終わるということは、夏休みの宿題を行う”猶予”も終わる、というワケです。問題が宿題程度なら、どうってことはないのでしょうけど・・・。

個人のレベルで考えてみるのもよし、身の回りの社会や、国や、世界のレベルで考えてみるのもよし。そして、どんな自分には太刀打ちできないと思うような大きな組織や社会であっても、それらと「等しい存在」「等しい力」として、”一個人の力と権利”を認識することこそが、天王星の意味の本質なのだと、それが、真の天王星の個人主義の本質なのだと、思うのです。

2015年春までに、まだまだ課題は多そうでしょうか?本当に、真にヒューマニスティックで明るい未来を、2015年後半以降に迎えることができるように。あと少しの踏ん張りは、それだけを肝に銘じて、皆さん、生きて行きましょう!
「一人の力は全体の力と等しい」そう、自身満々で挑む、天王星をいつも傍らに感じながら。

★補足)「天王星の力」って言われても、いまいちピンと来ない、、、という方のために。いわゆる「空気読む」とか「全体主義(みんながそうだから)」とか、「今までそうだったから」とか「あそこでそう言っても無理だし」とか、そういう考えが、きっと、冥王星です。でも時々いませんか?変わった方たち。時々「変人」とか言われる人たち。天体にはそれぞれそのエネルギーを担っているサイン(星座)がありますが、この「未来へ何歩も一足先に行っちゃっている変人」さんたち、水瓶座さんたち、よく認識してください!彼らの「無根拠な未来志向」「権力(役職)嫌い」「陳腐なものが嫌いで、天才的なひらめきだけで生きている」傾向は、まさに天王星の力そのものです。よ~く、観察してみましょう♪(ここで言う「水瓶座」とは、太陽が水瓶座に入っている人々に限定しているものではありません。個々のチャートの中では、皆、いろんな意味で「水瓶座」の要素を持っています)

ついでに、この「世の中で最も大きな力(志向)」を担うのは、サインにおいては山羊座です。「最も強いのだから、他の何者も太刀打ちできないはず」っていうのは、違うのじゃ?と私が思うのは、なぜなら世界には「時間」があるからです。そう、山羊座は土星を支配しますが、この土星こそが「時間」なのです。つまり、「時間」という価値観を越えたところに、その次(権力を超えていく鍵)があると、哲学的には思うのです。分かりやすくいえば、12のサイン(星座)は、無秩序に並んでいるわけではなく、進化のひとつの流れとして並んでいると思うのです。最も力の強いはずの山羊座の次に、水瓶座が位置している。つまり、「進化」としては、「力」よりも先に「真のヒューマニズム」と「進化への意志」があるのだと、それこそが「進化」なのだと、まるで占星術のシステムは語っているようではないですか?
奇しくも、2012年に、マヤの暦がその最後の日付を終えているようです。私たちは今、この「時系列に並んだ(時間というものの)」物質界のパラダイムから抜けて、本気で、新しい形に脱皮しようとしているのですね。世界のすべてが、すべての人々が、本当に脱皮できるか、私には分かりません。まだまだ星の配置は、運行によって形成されていますから・・。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://astroconscious.blog52.fc2.com/tb.php/52-506c01bd

 | HOME | 

ご案内

Astro★Conscious

星のサロン(占星術講座)開催準備中。単発での講座は随時開催中。お問い合わせください。

お問合せ(mail)

Calendar

« | 2018-11 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


お薦め本・教材


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。