星のサロン / アストロ★コンシャス

占星術の勉強会「星のサロン/アストロ★コンシャス」の告知・報告用ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問より:[天体 in ハウス] の解釈

11/11:アストロ★コンシャスより

本日のアストロ★コンシャスは、予告していた通り参加者さんからの質問をみなさんで検討しました。本日検討できた質問は、

1)「マイルドなハウス」第2ハウスに金星がある場合の解釈

の1つだけでした。質問の詳細をまとめると、

1-1)牡牛座の判断基準は「安全か危険か」。生命を維持するのに有利か不利か。牡牛座のキーワードは「感覚(体感)」と「所有」、五感によって快適か不快かを区別して快適さをもたらすものを「価値がある」と判断して、所有していこうとする。そして「心地よいこと」=「良いこと」と思っているので、その人自身がマイルドな(やわらかい印象を与える)人になる。
1-2)第2ハウスに月のある人はこの性質がダイレクトに感じられる。穏やかで物腰も柔らかい印象。キメが細かく、かゆいところに手が届くイメージで、「気が利く人」。決して世話焼きすぎるのではなく、放っておいてほしいときはそうして、かまって欲しいときだけかまってくれるような使い分けが上手な人。対人関係や職業面でも、ひとりひとりを相手にしてお客さんの身体に直接触れるような職種に向いているのでは?(逆に、言葉使いがつっけんどんだったり声をかけにくい雰囲気で威張りん坊な人は第2ハウスのコンディションが良くないのでは?)
1-3)上記は月が第2ハウスの場合の想像だが、もし金星が第2ハウスに入っている場合も同じ傾向が出るのか?

長文でいただいていた質問事項を、3つの項目に分けてみました。
1-1)は質問というよりも、牡牛座の性質をよく観察してまとめていますね。基本的にその解釈は間違えていないと思います。ただ、誤解のないように解説したのですが、「生命維持として安全か危険か」という意識。実は牡牛座あたりではまだこの「安全か危険か」という意識は十分発達していないのでは?と思われます。12ハウスを人間の誕生から死までの成長の段階に例えると、第2ハウスは赤ちゃんが自分の身体感覚を獲得していく段階と考えられます。生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ視覚もはっきりしていないし、自分と他者や環境の区別もできない状態。「ただ在るだけ」の状態。これが第1ハウスの状態だと例えるなら、第2ハウスは、自分の身体を確実に自分の「所有物」だと認識し、その身体を通しての「五感」をリアルなものとして獲得していく段階。ただしここでは、意識は「自分の身体」に向かって集中しているので、まだ“本当の意味での”外部への認識は生まれていないと想定します。本当の(あるいは知覚レベルでの)外部への興味が生まれるのは、次の第3ハウスなのです。ですので第2ハウスで「安全か危険か」と「外部の環境を判断する能力」は、まだない、と厳密には言えるでしょう。第2ハウスに対応する牡牛座の人が「おっとりとして、何があってもあまりあわてずマイペース」という印象を与えるのは、外部への注意力よりも自分の内側への注意力により焦点が当たっているから、とも言えるでしょう。そして、「マイルドな(やわらかい印象を与える)」という観察は、この「外側よりも内側に注意が向いた状態」、つまり「外部にはわりと無頓着」という性質に対する、外側から見た“印象”とも言えるでしょう。

1-2)では、こうした意味のある第2ハウスに月が入った場合の、物腰や行動の傾向、さらに職業適性まで推測されていますが、これは“月”の意味することを想像すれば、上記のような第2ハウスの傾向が“どのように”表現されるかが分かるでしょう。月の意味は、まずなによりも「感受性」です。「感情」であれ「身体感覚」であれ、原則は「どのように感じるか・受け取るか=感受性」としての意味が月の範疇です。実際には月は、その人の見た目の印象や“雰囲気”にとても反映するために、その人の全体的な傾向として受け取られやすいのですが、「行動」や「職業適性」まで述べるには、実は月だけで判断できるわけではありません。さらにここでは、月のサインは考慮されていない、という点もあります。上記の質問のような内容は、質問者の方がよく観察&想像されていると思いますが、「月 in 第2ハウス」という条件だけでは、実はあまり決定打にはならないと思われます。なぜならば、第2ハウス(を定位置とするサイン)とはかなり違った傾向を持つサインを想像すると分かりやすいでしょう。月が第2ハウスにあり、サインが牡羊座だった場合、また射手座だった場合。やはり「物腰がやわらかくて対人的に細やかな気配りが必要な職業に向く」でしょうか?実際的なチャート判断としては、チャート全体を見ることが必要ですが、あえて月だけを見たとしても、これはあまり確実には言えない印象です。そこで、ここで重要なこと。

「サインとハウスの意味を混同しないこと。」

上記の質問では、第2ハウスが牡牛座の定位置であることから、第2ハウスの意味を過剰に牡牛座の“性質”と結びつけて発想しているように思われます。確かにサインとハウスはその意味が非常に関連していますが(そもそも“定位置”という考え方もあり)、実際のチャート解読においては、サインとハウスの意味の守備範囲を必要以上に混同すると、それはいったいハウスの意味合いなのかサインの意味合いなのかが分からなくなってしまいます。
非常に簡易的に示すと、
・サイン=性質(どのように惑星の力が発揮されるか、どういった傾向を持つか)
・ハウス=分野(どんな場所で惑星の力が発揮されるか、何に対して発揮しようとするか)
です。

1-3)は、同じハウスに入る天体が違った場合の解釈方法についての質問ですが、当然惑星が違うのでその意味合いは違ってきます。(惑星の意味合いがすべて違うためです)。ただしおそらく質問の意図は、「月と金星はどちらも女性天体であるから、やはり“似たような”傾向を表すのか?」といったことかと思われます。確かにこの発想は間違ってはいません。そこで、チャート解釈をする際に意識すると良いことは、各天体の意味を解釈する際に、

「天体同士の意味で似ているところと違うところを両方意識する」

ということです。例えば月と金星であれば、どちらも女性性を現します。その人物が持っている女性性の2つのあり方を、月と金星の状況を見れば、どちらか一方を見るだけよりもより総合的に判断できるでしょう。ただしここでも同じ女性性でもその「違い」にも注意したい。陳腐ですがよくありがちなのは、月を結婚後の女性性や母性と見、金星を未婚時の女性性や恋愛においての女性性のあり方と見るような(これはすごく大雑把な区分です)。また、月と金星は同じ「女性性」でくくれる一方で、まるで違うものも表しています。月は「感情」や「受容性」を表す一方、金星は「金銭」や「愛情」「趣味」や「美的センス」など。このような見方では同じ「女性性」という枠ではくくれないので、2つの天体の意味の違いがより鮮明に見えてきますね。

天体は10個ある(占星術で使用する)ということは、当然、すべて固有の意味合いがあるわけです。しかし、まったくバラバラに存在するわけではなく、いくつかの「意味の区分け」もできます。グループで把握することによって、全体(10天体のつながり)を把握し、そこから個々の性質もより把握しやすくなるでしょう。(8/26のアストロ★コンシャス「占星術の基本:「惑星」の意味」を参照)

スポンサーサイト

コメント

どうもです。質問者です。
詳細な解説ありがとうございました。
おいらもブログにトライしてみたので見てね。

でもおいらトラックバックっていうシステムがよくわからんのですが、この入力の仕方で大丈夫なのかなあ?

たこぽんさん
コメントどうもありがとうございました。今回のご質問への回答は、初心者の方にも分かりやすく、ごくごく基本にのっとって原理原則を書いてみました。その他のご質問も興味深いので、またサロンで取り上げる予定です。
原理原則はみなさんそろそろ理解くださったようですので、ある条件(アスペクトなど)によるいろいろなバリエーションの実例を挙げていくと面白いかな、と思いました。次回以降にやってみましょう。

>おいらもブログにトライしてみたので見てね。

拝見しました。タレントの観察をよくされていますね。出生時刻まで分かる方も。どちらで情報得られるのでしょうか??

いや稚拙な鑑定でお恥ずかしい。
今わかる情報は

http://www.shiyori.net/s_jikan.htm
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1137203611/

です。あとbiquinさんのサイトにもデータがありました。

出生データ

たこぽんさん
出生データの情報ありがとうございます。
http://www.shiyori.net/ ←このサイトすごいですね。しかし、出生時刻までどうやって調べるのかしら??時々本人がTVで口にしたり、あるいは占い番組などで出生データがチラリと出ることがありますが、そんなところから拾ってこられるのかしら?

そういえばbiquinさんのサイトのデータにも出生時刻が出ていますね。提供されたデータのようですが、大変参考になります。
しかし、これだけ詳細に公表されているデータもあれば、中には意図的に違うデータを公表する(?)場合もあるそうで、データの扱いには難しいですね...

追加情報です。

http://metatronlab.net/data.html

あと前コメの

http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/uranai/1137203611/

ですが、年月が経つと倉庫みたいなところに格納されてしまって、専用のブラウザだかソフトだかが必要になってしまうようなので、プリントアウトするか、ワードにコピペしてフォルダに保存しておくかしておいた方が良いみたいです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://astroconscious.blog52.fc2.com/tb.php/22-d14188a8

 | HOME | 

ご案内

Astro★Conscious

星のサロン(占星術講座)開催準備中。単発での講座は随時開催中。お問い合わせください。

お問合せ(mail)

Calendar

« | 2018-02 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


お薦め本・教材


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。