FC2ブログ
星のサロン / アストロ★コンシャス

占星術の勉強会「星のサロン/アストロ★コンシャス」の告知・報告用ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、節分。明日は立春。

<2015.2.4 立春>
本日、節分。明日は立春です。昨年末、冬至過ぎの土星の射手座入りについて書いてから、あっと言う間!
それはそうと、アストロ・コンシャスの記事でも毎年なぜか、カレンダー通りの「お正月」記事を書かないのですが、どうも毎年私の場合、お正月の時期は節目としてすごく中途半端です。だいたい手をつけた仕事で一杯一杯で、なんでこんな時期に休暇に?と思います...。実際、占星術的にはカレンダー(グレゴリオ暦)でのお正月というのは何の節目でもないのですから、当たり前ですね。そして2月になり、立春を迎える頃にやっと、何か切り替わる感触を得ています。
実は、日本の暦での立春は、その名の通り「春が立つ」のであって、春の気配(エネルギー、まだ形に表れていないもの)がここから始まる、ということで、気温はまだ低いし、どこが春なの?と体は感じるかもしれませんが、数値にならない部分で感じる体感・第六巻としてはやはり、新しい気配を感じていませんか?
今日はまだ、節分。四季の節目の最後の大晦日のようですね。子供たちにとっては、鬼に豆を投げつけるという楽しい行事ですが、大人にとっても、何か古いものを一掃して新しいエネルギーを招き入れる準備の日なのでしょう。

さて、本題の立春のチャートです。今年の立春は、2月4日12時58分(日本時間)。
東京での空の星の状態を表した図です。


2015年立春図


四季それぞれの節目で天の惑星の配置から世の中を見るマンデーン占星術。私はそれを見る経験値はあまりないのですが、対象が社会や国だろうと、個人だろうと、占星術の基本ロジックと象意は同じでしょう。
ざっと眺めてみて、(マンデーンの専門ではないので)ごくシンプルに気になる点といえば、、、

1)数年前からずっと厳しかった冥王星と天王星のスクエア(90度)が、立春図でもタイトにアスペクトしていますが、それぞれの天体が、本来のハウスに入っていることです(冥王星は第8ハウス、天王星は第11ハウス)。それぞれに天体とハウスの象意がより色濃く出てくるのでは?と想像されました。冥王星は何しろ最も影響力の強い惑星ですから、その状態の影響は強いわけですが、第8ハウスは、個人のチャートでは「生と死、SEX(生を生む)、受け継ぐ財産、遺伝」などと言われます。マンデーンではこれが国家対象となり、「死亡率、外国との借款関係(貿易などでの)、株価」などと言われます。個人においても、大きく他人に依存し他人を巻き込んだ形での個人のあり方ですが、国家もまた同じ(このチャートは東京での緯度経度によるもので、日本の場合です)。日本の対海外での財政面と、死亡率については、大きな課題のある時期のようです。
というのも、この冥王星と衝突する関係で、第11ハウスに天王星が入っており、天王星は「改革・革命・(急激な)変化・新発見・独立」の象意を持ちますが、第11ハウスはマンデーンでは「政党や議会」とされています。個人にとっては第11ハウスは、「社会的立場やしがらみにとらわれない、本当に自由な個人の志向によって集う仲間」という意味ですが、国家にとって本来こうしたあり方こそが、「政党や議会」のはずなのですね。今現在、そうなっているのかどうか・・・そうした本来のあり方に「改革」していこうとする力のように、この天王星は見えます。

2)昨年の冬至は、「朔旦冬至(さくたんとうじ)」といって、冬至と新月が重なるということで話題になっていましたが、そこからまだ日も浅く、立春の節目もまた、太陽と月がアスペクトしています。
月は木星とタイトに合で、太陽と180度の位置に。
マンデーンでは、太陽は「権力者、国家元首」、月は「国民、民衆一般、民意」と言われます。さらに木星は「宗教・哲学・思想・法律」などと言われます。まさに、国家元首と国民が向かい合った位置にあり、その情景が浮かびそうな配置です。太陽の入る第9ハウスは「宗教、思想、司法、貿易」を表し、こうした場所にいる(活動の主軸となる)元首の立場、一方国民のほうは、第3ハウス「情報、通信、貿易」の場所にいる。第9ハウスと第3ハウスはセットで、どちらも知性に関わるのですが、第9ハウスがその「理念」を担当し、第3ハウスはより具体的な手法や情報、学習を担っています。国民はあらゆる情報ツールをいまや手にしているので、木星と言う拡大(シェア)する星とともにあって、さらに元首の「理念」に対して興味を抱き学習を進めるのでしょうか?木星は「法律」の意味もあるので、司法的にも興味を持っていくのでしょうか?

3)この上の2つの目立つアスペクトをつなぐのが、第11ハウスの天王星です。真っ向から対峙した太陽と月を中和する位置にあり、理念(第9ハウス)と情報(第3ハウス)の間で、新しい未来図を描く役割になるのでしょうか?それは天王星が表す具体的人物だったり、あるいは、新しい発明・技術・理念、でもあるかもしれませんね。

4)気になる国土(第4ハウス)ですが、惑星も入室しておらず、ルーラーの水性もハードなアスペクトがなく、とりあえずは危機的な状況は立春図では示唆されていないように見えます。

5)一国民として気になる、私達国民(主権者=第1ハウス)自身の状態ですが、双子座のルーラーは第9ハウスの入り口に居ます。太陽と同じハウスです。やはり今、日本の権力部も、そして国民たちも、第9ハウスの表す「思想(理念)、法(憲法)」にある、というのが印象的でした。

と、立春図を見てきましたが、実は占星術で1年間を占うのは、通常、春分図です。そして補足的に1年間を各季節の詳細として夏至、春分、冬至も見るようです。ですので、この立春図が2015年1年間を表す、というのではないのですが、和暦(旧暦)の感覚にマッチしてきている私は、どうしても立春になると立春図を見てしまいます。
季節、二十四節季は、ひとつの流れの中でつながっているものですから、春分にいたるその息吹が、ここにあるのでしょうか?「1年の節目」ということで立春を意識したことから、立春図を見てみました。

スポンサーサイト

[T冥王星とT天王星のスクエア] 激動の期間が、もうすぐ終わり。

2012年6月後半から2015年3月半ばまで、約3年弱もの間、おそらく天の星の配置の中で「もっとも厳しい(ドラスティック)」であろう冥王星と天王星のスクエアが形成されています。これはピークの時期なので、その前後しばらくも、そのエネルギーの中にあります。

Pluto_Uranus_square_transittime.gif


いわゆる「世の中のシクミが大きく変わる」とき。これまでの常識や構造がいろんな衝突に合いながら、その本質が暴露され、”新しい波”に突き上げられ、穏やかでない殺伐とした時代を通り越すのでしょう。日本、そして世界の動きを見ていれば、その通りの流れが見て取れます。

その期間も、残すところあと3ヶ月強(その後もしばらくはこの影響の余波はあるでしょう)。その後は徐々に、この今の課題の時期は過ぎていくのです。逆にいえば、「世の中を根本的に構造改革し、新しい未来へ進もう。新しい未来を築こう」とする時期は、今しかないのです!2015年後半からは、また違った流れになるのではと思えます。
冥王星と天王星の衝突なのですから、どこを見てもいろんな問題が噴出で、心穏やかにはなれません。「厳しい期間がもうすぐ終わる」と思うかもしれませんが、そもそも星の(人への)メッセージというのは、「課題」だと私は思うのです。運命論ではありませんから、「良いときも悪いときもある」ではないのです。冥王星という「闇の王・権力」に対し、天王星の「改革・前進・未来主義」が物申すことをきちんと行わなければ、この時期の課題は終わりません。終わらないうちに次の時代に進んだら、どうなるのでしょうか??
これは、個人のチャート(運勢)でも同じです。仕事や人生の節目での「課題」に正面から取り組まず、逃げの姿勢でただ時間をやりすごすなら、これまでと同じやり方でやり過ごすなら、その後の人生は明るいでしょうか?「やるべきときにやるべきことをやる」それが、星の運行の表すメッセージだと思うのです。

さて、冥王星が「この世で最も力を持つモノ(闇の力でさえある)、権力」であり、それは一言でいえば「力」です。「善悪」という倫理を超えた、あまりにシンプルな「力」です。その力の前には、何者も太刀打ちでいない。実は、そういうモノ(力)を”志向すること”(それが”価値判断であること”)こそが、冥王星だと思うのです。ですから、他のどんな星やエネルギーがそれに立ち向かっても結局は無駄、というわけではありません。
一方、天王星は、あの神話のプロメテウス。人類に火をもたらした神です。たとえば、人類にまだ扱える準備のできていないもの(=火)さえ与えてしまった倫理観のない神(ネガティブな意味で)ととらえられることもありますが、ここではそのポジティブな意味として、私は「前進と改良の”意志”」ととらえます。この”意志”というのが、他のどんな天体よりも、真の個人主義の意味で強いのが天王星。だからこそ天王星は、「個人主義」の星であるのです。
冥王星が「力志向」であるが故に、当然、個人よりも(権力を維持するための)”組織”の傾向を出すのに対し、天王星はあくまでも、”個人”です。「たったひとりの権利」に敏感なのが、天王星でしょう。ですから、とても粗く言えば、天王星が「力の倫理」であるのに対し、天王星は「倫理の力」だと、言えるかもしれません。そういう意味で天王星は「ヒューマニスティック」だと解釈されることもあるでしょう(なにしろ人類のためを思い、人類のために神にも逆らい人類に文明を与えたのですから..)。神話をそう解釈するなら、天王星は、「人類を猿(=奴隷)ではなく、権利と尊厳のある一存在、そして個人」にした力だとも、思えるのです。

さて、翻って、今、世の中に起きていることは、どうでしょうか?この、冥王星と天王星が象徴する事柄(それらの間の衝突)が、世界中で見えないでしょうか?もちろん、星がそういう配置なのですから、衝突が起きてあたりまえです。衝突を起こしてでも、人々は、この「一個人、人間としてのあり方」に気づくべきときだったのです。ですが、冥王星という、この世で最も力を持つ存在に挑むことでそれは明白になってくるので、容易な過程ではないでしょう。あちこちでひどい状況や、個人のストレスや、社会や組織全体としてのドラスティックで悲惨な状況も噴出してくるでしょう。そこまで挑むことで、天王星はより本質的に、自らの権利を主張しているような配置なのです。とにかく、「生半可ではない、”最も本質的な部分で”改革しよう」そして、「自分自身になろう」としている時期なのです。

この時期が終わるということは、当然、その課題を「十分に行った」人々や組織、社会、国にとっては、安堵のやってくる時期です。やっと平穏に戻れる・・・。痛みを経験して、やっと本当に新しい未来が築ける時期がくるかもしれません。なにしろ「変革」の時期なのですから。
しかし、この時期に、それをとことんまでやらなかった個人、組織、社会、国は、この”チャンスの時期”が終わったら、どうなるのでしょう?次のチャンスの時期がくるのは、星の運行速度からいって、相当先です。その次のチャンスのときまで、改革に失敗して、ポシャって今のまま行くのでしょうか?しかし世界ではすでに、どんどん改革は進んでいるはず。改革しなかったまま、進んでいけるのでしょうか?

大変な時期が終わるということは、課題も”終えなければならない”ということです。8月31日が終わるということは、夏休みの宿題を行う”猶予”も終わる、というワケです。問題が宿題程度なら、どうってことはないのでしょうけど・・・。

個人のレベルで考えてみるのもよし、身の回りの社会や、国や、世界のレベルで考えてみるのもよし。そして、どんな自分には太刀打ちできないと思うような大きな組織や社会であっても、それらと「等しい存在」「等しい力」として、”一個人の力と権利”を認識することこそが、天王星の意味の本質なのだと、それが、真の天王星の個人主義の本質なのだと、思うのです。

2015年春までに、まだまだ課題は多そうでしょうか?本当に、真にヒューマニスティックで明るい未来を、2015年後半以降に迎えることができるように。あと少しの踏ん張りは、それだけを肝に銘じて、皆さん、生きて行きましょう!
「一人の力は全体の力と等しい」そう、自身満々で挑む、天王星をいつも傍らに感じながら。

★補足)「天王星の力」って言われても、いまいちピンと来ない、、、という方のために。いわゆる「空気読む」とか「全体主義(みんながそうだから)」とか、「今までそうだったから」とか「あそこでそう言っても無理だし」とか、そういう考えが、きっと、冥王星です。でも時々いませんか?変わった方たち。時々「変人」とか言われる人たち。天体にはそれぞれそのエネルギーを担っているサイン(星座)がありますが、この「未来へ何歩も一足先に行っちゃっている変人」さんたち、水瓶座さんたち、よく認識してください!彼らの「無根拠な未来志向」「権力(役職)嫌い」「陳腐なものが嫌いで、天才的なひらめきだけで生きている」傾向は、まさに天王星の力そのものです。よ~く、観察してみましょう♪(ここで言う「水瓶座」とは、太陽が水瓶座に入っている人々に限定しているものではありません。個々のチャートの中では、皆、いろんな意味で「水瓶座」の要素を持っています)

ついでに、この「世の中で最も大きな力(志向)」を担うのは、サインにおいては山羊座です。「最も強いのだから、他の何者も太刀打ちできないはず」っていうのは、違うのじゃ?と私が思うのは、なぜなら世界には「時間」があるからです。そう、山羊座は土星を支配しますが、この土星こそが「時間」なのです。つまり、「時間」という価値観を越えたところに、その次(権力を超えていく鍵)があると、哲学的には思うのです。分かりやすくいえば、12のサイン(星座)は、無秩序に並んでいるわけではなく、進化のひとつの流れとして並んでいると思うのです。最も力の強いはずの山羊座の次に、水瓶座が位置している。つまり、「進化」としては、「力」よりも先に「真のヒューマニズム」と「進化への意志」があるのだと、それこそが「進化」なのだと、まるで占星術のシステムは語っているようではないですか?
奇しくも、2012年に、マヤの暦がその最後の日付を終えているようです。私たちは今、この「時系列に並んだ(時間というものの)」物質界のパラダイムから抜けて、本気で、新しい形に脱皮しようとしているのですね。世界のすべてが、すべての人々が、本当に脱皮できるか、私には分かりません。まだまだ星の配置は、運行によって形成されていますから・・。

続きを読む »

母性社会日本と、占星術

続きを読む »

海王星と冥王星のセプタイル(1998~2014年)

この週末の講座のための学習をしていて占星術のとある記事に目が留まりました。
ハーモニクス数についてのその記事は、「7」という数字とそのハーモニクス数の意味についてのもの。
そして、1998年から2014年の16年間の間、太陽系の中で最も遠く最も影響力の大きなスピリチュアルな2つの天体、冥王星と海王星が、この16年間ずっと継続して、360度の円を「7」分割するアスペクト「セプタイル」の位置にあったことに気づきました。

海王星と冥王星のセプタイル

この16年間を通して、人類は、人間の遺伝子レベルまでを支配する生命に関わる冥王星と、目に見えないエネルギー(波動)の世界を支配する海王星が、「7」という神秘的な意味を持つ数の元にその2つの力をMixさせて働かせていた時期を通過していたのでした。
思い返すと、1999年というノストラダムスの予言でもあるこの時期から、いわゆる「スピリチュアル世界」がだんだんと普及してきたように思います。そしてその時期ももうすぐ、2014年2月の最後のピークを持って終わります。人類の、ひとつの「新しいスピリチュアル世界の開拓の終焉(完了)」となるのでしょうか?
興味深いのは、この16年間もの間、何度もやってくる冥王星と海王星の「セプタイル」(360度の7分割)という度数の時期。この画像の32の「ヒット」する日の近くに生まれた子は、その「時代の役割」を担うかのように、出生図(個人の魂の縮図)に、この「スピリチュアルな新しい時代の幕開けの探求」の役割を、ハーモニクス数「7」の波動において受け持って生まれています。あなたのお子さんは、これらの日付の近くに生まれていませんか?(何日間の誤差までセプタイルになるかは、その時期によって異なります)
ハーモニクス数「7」の意味とは。それは、数の「7」の意味から推測されます。「7」は非常に特殊な数といわれ、数学的には、素数であり無理数(循環小数)。その性質が、「理解しずらく定義が難しい、とらえどころのない」と解釈されます。そのため、「運命的な、抗し難い力」とも。スピリチュアルな解釈では「自然界に働く、神の神秘的な力」とされています。それを踏まえ、通常「ハーモニクス7」の意味は、(果てしなく数が続く循環小数のように)「果てしなく続く夢」「内面の夢を追い求めた結果の満足・充足感」と捉えられます。個人の非常に創造的な力が現れる部分です。
講座では、参加者個人のそれぞれのハーモニック・チャートをリーディングしていきます。

「1年の萌芽・冬至の西洋占星術講座~数秘術とともに」
2013年12月21日(土)13:00~16:00開催
http://astroconscious.blog52.fc2.com/blog-entry-35.html

2013年最後の新月図

数日たってしまいましたが、12/3は今年サイトの新月でした。
朝9:22が新月。今年最後の、射手座の新月です。

2013.12/3 新月

いつもどの場所でのチャートを出すか迷いますが、まず、自分の居住する大分市でのチャート。
強い複合アスペクトはないけども、特徴は、アセンダント(地平線)近くに、最も力の巨大な冥王星が鎮座。
国や世界情勢を読むマンデーンアストロロジーでは、アセンダント(第1ハウス)は、国民を現します。よって、国の力が、また国民の状況が、世の中を大きく覆すほど強い影響力を持つ状況になっています(ただしこれは大分市でのチャートであって、東京でのチャートでは冥王星は第12ハウスに入ってしまいます)

新月(太陽と月)の入るハウスと星座は、その新月サイクルの間重要ですが、第11ハウスの射手座。高い理念を持った思想によってつながったコミュニティ、また人々の自由なコミュニケーションを介したつながりがテーマとなる時期です。それは第3ハウスの天王星(新しい技術や革新・独立)と強力関係にあり、インターネットや通信を介した情報・情報交換が、人々の思いにとってサポートとなるでしょう。第3ハウスは狭い範囲での旅行でもあるので、国内での移動も盛んに。第3ハウスはマスコミでもあり、「いかに伝えるか」が、新しい流れを先導していくのでしょう。
この時期(しばらく前から)ずっと、かなりハードな状況を与えている元である、冥王星と天王星のスクエア。
この新月では、「組織や社会を最も深いところから仕切っている力」である冥王星が、国民を現す第1ハウスに近づきつつあり、そして、それにチャレンジする「新しい自由な個人主義の改革者」である天王星は、情報やコミュニケーションを現す第3ハウスに。いつまでも真に改革することのない旧態依然とした硬い組織やシクミ(冥王星)と、それを壊そうとする天王星の力関係は、まだまだ数年続きますが、そのチャレンジする天王星は、情報や移動を表す第3ハウスにあり、こういった分野から、冥王星のテコでもうごかない古いシクミを切り崩そうとしています。そしてこの新月では、人々の意識が、この「壊したい」という意識のほうへ、ぴったり共鳴している。
関東あたりでは、冥王星は第12ハウスにあるため、人々には、「あるのに表へ出てこない、裏に隠れたままの闇の手ごわいシクミ」とやはりなってしまうでしょう。日本の西へ行くほど、冥王星は地平線に近くなり、国民の力(影響力)が強くなる、ということでしょうか?(今回の新月の瞬間について)

他には、地味ではありますが、水の星座(蟹座と蠍座)での、木星と土星のトライン。木星と土星は、どちらも「社会的な惑星」の2つで、木星が「手放しの発展」という楽観の星であるのに対し、土星はそれに「形を与えていく」ため、規範的だったり、管理的だったり、制限も設けます。拡大して、形をとらせる。木星と土星が穏やかに手を結ぶと、とても社会的には建設的に働くのですが、それが、金星という個人の楽しみと結びついています。さらに土星は第1ハウスで、まさに国民ひとりひとりの個人的な楽しみに焦点が当たっています。世の中では、政治的状況など、かなり切迫した状況にもかかわらず、個人はそれぞれ、自分の楽しみに熱中しやすい。山羊座の金星のため、あまりに個人的というよりは、どこか社会意識を含んだ意識ではあります。良く捉えれば、社会的な事柄に、国民の個人的な興味が向く、ともとれなくはないですが、その場合の鍵は、対抗の蟹座の木星の現す「身近な周囲の人と、生活レベルでの共感意識」でしょう。主婦の井戸端会議のような、自分の身の上を元にした、あくまでの「生活者」「いち個人」としてのあり方が、数の理論で共感としてどんどん広がっていく感じ。実は数でのマジョリティ、パワーはとても強いもので、「皆でやっていこう!」という、それも感情的な共感をともなった集合的パワーなのです。

単純にマンデーンでの配置を見ると、拡大と幸運の木星が入る第7ハウスは「外交」。規律とルールを与える土星が入る第10ハウスは「政府」。政府が独断的にルールを作り、そして諸外国への外交面で開いていこうとしている。何か、流れが見えてきそうですね。マンデーンはとても伝統的な読み方なので、土星は「困難」ともとらえます。政府の状況が、困難、というわけです。

新月のエネルギーは、そのまま個人の行動への意欲や精神状態にも影響するとして、全体的に見るとやはり、人々は、みな同じポリシーや「望む未来への思い」(第11ハウス)によって、情報を共有し(第3ハウス)集っていく、と読みたいところです。(第11ハウスは「議会」でもある)。そして、大分にいる皆さん(たまたま大分でのチャートを出しましたが)、今、国民の力はとても強くなっている、ということを自覚して、この冥王星がアセンダント近くにくる西の地だからこそ、ここから地元の行政から、日本を振動する動きに出てもいいかもしれません!

続きを読む »

 | HOME |  »

ご案内

Astro★Conscious

星のサロン(占星術講座)開催準備中。単発での講座は随時開催中。お問い合わせください。

お問合せ(mail)

Calendar

« | 2018-08 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks


お薦め本・教材


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。